OCO注文

■OCO注文とは?
OCO(オーシーオー)注文とはIfDone注文と同様に新規注文と同時に決済注文を出すことが出来る注文方法で、やや上級者向けの方法です。
IfDone注文と異なる点は、指値注文か逆指値注文かいずれかしか行えないIfDone注文と比べ、OCO注文では両方を組み合わせて同時に発注することができるという特徴があります。
例えば、仮に1米ドル100円の取引で1米ドル99円以下になったら売る、105円までに上がったら売る、という損切りのための逆指値注文、または利食いのための指値注文が同時に行えるということです。
この場合、どちらか一方が成立した場合、もう一方はキャンセルとなります。

IfDone注文の場合はレートが真逆の方向性へ進んでしまった場合に損失が進んだり利益が出ても決済されなかったりするデメリットがありますが、OCO注文ではこういった欠点をカバーし、レートが変動しても対応することができるようになっています。

■各社注文方式比較
会社 成行注文 指値注文 逆指値注文 IfDone注文 OCO注文 トレール注文
マネーパートナーズ
GMOクリック証券
DMM.com証券
アイネットFX
レクセム証券
ヒロセ通商
FXブロードネット
セントラル短資FX
FXCMジャパン
※データは変更になる可能性がありますので、必ず公式サイトで確認をして下さい。

■メリット&デメリット

■メリット
レートがどちらに変動しても対応することができる。
損失を抑えつつ利益を得ることが可能。

■デメリット
希望額に達しない限り取り引きが成立しない。


初心者でもできる!FXの基本

   

初心者におすすめのFX会社

マネーパートナーズ

GMOクリック証券

DMM.com証券

アイネットFX

レクセム証券

ヒロセ通商

FXブロードネット

セントラル短資FX

FXCMジャパン