トップページ >  注文方法比較 >  トレール注文

トレール注文

■トレール注文とは?
トレール注文とは損失確定のための逆指値注文を、より効率的に用いるための注文方法でトレーリングストップ注文とも呼ばれます。レートが上昇するごとに、実勢のレートとほぼ同じ値幅の間隔で切り上がり、為替レートを徐々に有利な方向へ自動的に追尾してくれます。

例えば、仮に1米ドル100円の際に逆指値レートを99円とすると、逆指値注文の場合99円になった時点で注文が約定することになりますが、ここでトレール幅を1円と設定することにより、仮に1米ドルが105円まで上昇した場合、逆指値レートも1銭ごとに自動で修正され、為替レートが1円急落した場合に自動的にロスカットされるようになります。しかも引き上げられた逆指値は下がることがありません。つまり、上記の例で言うと、105円まで上昇したレートが104円に下がった時点でのロスカットになるため、結果的に利益を確定することができたということになります。
このように、実勢の取引レートとほぼ同じ値幅間隔で、ストップ注文の指定レートを徐々に有利な方向へ自動的に追尾してくれるのです。

■各社注文方式比較
会社 成行注文 指値注文 逆指値注文 IfDone注文 OCO注文 トレール注文
マネーパートナーズ
GMOクリック証券
DMM.com証券
アイネットFX
レクセム証券
ヒロセ通商
FXブロードネット
セントラル短資FX
FXCMジャパン
※データは変更になる可能性がありますので、必ず公式サイトで確認をして下さい。

■メリット&デメリット

■メリット ストップロス注文を行うだけでなく有利な方向へ自動的に追尾。
損失の最低限に抑えると共に、利益を最大限得ることが出来る。

■デメリット
トレール幅は固定されるため、値動きが激しい場合はすぐにロスカットラインに到達してしまう。
幅を拡げすぎてしまうと損失の幅も広がるので設定が難しい。
トレール注文を採用しているFX会社が少ない。


初心者でもできる!FXの基本

   

初心者におすすめのFX会社

マネーパートナーズ

GMOクリック証券

DMM.com証券

アイネットFX

レクセム証券

ヒロセ通商

FXブロードネット

セントラル短資FX

FXCMジャパン