トップページ >  FX会社比較 >  レバレッジ比較

レバレッジ比較

■レバレッジとは?
少ない資金からはじめられるのが魅力のFXですが、その理由としてレバレッジがあります。レバレッジとは、所謂「てこ(lever)の原理」のことで、少ない資金で大きな金額を動かせるという意味になります。預けている証拠金を担保とすることで、運用している証拠金よりも多い金額を動かすことができるということです。
例えば、10万円の証拠金に対し10倍のレバレッジを掛けた場合、100万円分の取引を行うことができるということになりますので、仮に1ドル100円の場合は1万ドル購入することが可能になります。そして為替レートが変動し1ドル110円になった場合に1万ドルを売って円にすることで110万となり、10万円の為替差益を得ることができるという計算になるのです。もし上記の場合でレバレッジをかけない場合、為替差益は1万円となるため利益の差は歴然です。
とはいえ、もちろんリスクも伴います。同じ例で、1ドル100円から1ドル90円へと円高になってしまった場合、マイナス10万円の為替損失が発生し、一瞬で資金が全て無くなることになります。高い倍率のレバレッジをかけるということは、それだけリスクが大きくなるということ認識しておくことが肝心です。

レバレッジ以外も好条件のFX会社はこちら

マネーパートナーズの魅力は、なんといっても100通貨単位の取引が可能なサービス「パートナーズFXnano」。非常に少ない単位で取引できる珍しいFXサービスです。また、FXの専門企業で初めて上場をした企業で信頼性も抜群。スワップポイントの設定が高く、情報提供ツールが充実していることも人気の秘密です。

GMOクリック証券は、スプレッドが全通貨固定でドル円0.4銭などの低め設定。またスワップ金利も高く好条件が揃っています。更にiphoneやandroidなどのスマートフォンにも対応した取引ツールは使いやすく、多くの投資家がメイン口座として利用している人気度NO1の会社です。

ヒロセ通商のLIONFXは、1000通貨単位で取引可能でスプレッドも米ドル/円が0.5銭からと低めで、初心者でも始めやすいFXです。通貨ペアも充実の50種類!更にiphone、androidどちらも対応したスマホ用取引ツールでモバイル取引も充実。

初心者のレバレッジは低め設定で

かつては400倍などまで効かせることができたレバレッジですが、「レバレッジの規制」により2011年から、全てのFX会社で行えるレバレッジを25倍(証拠金が取引額の4%以上)までに制限されました。そのため、どのFX会社でも現在のレバレッジの上限は25倍となり、上限に差がありません。
とはいえレバレッジの倍率を上げすぎるとリスクも同様に上がるで、FX初心者の方なら25倍でも高すぎます。まずは2~4倍程度のレバレッジで取引を行うのがオススメです。
レバレッジ以外も好条件のマネーパートナーズがおすすめ

■各社基本情報比較
会社 初回入金額 最低証拠金 取扱通貨単位 レバレッジ 通常手数料 通貨ペア数 外貨両替
マネーパートナーズ 0円 100円 100通貨 25倍 無料 13
GMOクリック証券 0円 取引金額の
4%以上
1万通貨 25倍 無料 14 ×
DMM.com証券 5万円 5,000円 1万通貨 25倍 無料 12 ×
アイネットFX 5,000円 3,200円 1万通貨 25倍 無料 28 ×
レクセム証券 5万円 5万円 1万通貨 25倍 無料 20 ×
ヒロセ通商 1万円 1,000円 1000通貨 25倍 無料 50 ×
FXブロードネット 3万円 225円 1000通貨 25倍 無料 24 ×
セントラル短資FX 2万円 2万円 1万通貨 25倍 無料 22
FXCMジャパン 5万円 取引金額の
4%以上
1000通貨 25倍 無料 40 ×
※データは変更になる可能性がありますので、必ず公式サイトで確認をして下さい。

初心者でもできる!FXの基本

   

初心者におすすめのFX会社

マネーパートナーズ

GMOクリック証券

DMM.com証券

アイネットFX

レクセム証券

ヒロセ通商

FXブロードネット

セントラル短資FX

FXCMジャパン